健康へ近づく食生活は玄米から!【腸内環境を整えて便通を良くする】

コンテンツ一覧

白米より栄養価が高い

食事

健康と美容のために最適

パサついた食感で食べにくいと感じる方がいる玄米ですが、慣れてくると噛みごたえがあっておいしいと感じるようになる方が多いです。必然的によく噛むようになり、胃腸の消化吸収をサポートしたり、顎を強化したりできるメリットもあります。米の栄養素は糠の部分に多く含まれているので、白米より玄米のほうが圧倒的に栄養価が優れています。お腹の調子を整えてくれる食物繊維が豊富で、毎朝の快調をサポートしてくれるでしょう。お腹を元気にすることは肌対策にもなるため、美肌を目指している方も意識してください。カリウムは100gあたり230mgも含まれているので、ナトリウムを相殺するためにも役立ちます。ナトリウムを過剰摂取すると高血圧・動脈硬化の原因となるので、それを和らげてくれるカリウムで相殺する必要があります。日本食の唯一の欠点とされるのが塩分量が多いことで、塩分を抑えるためにも玄米は役立つわけです。食事の中でも主食の部分を変えていくことは、食生活改善の第一歩となります。鉄分やマグネシウムも豊富に含まれているので、ミネラル補給としても玄米は最適なのです。玄米を食べるようになってから、食事量が減ったという声は少なくありません。よく噛んで食べることは満腹中枢を刺激してくれるので、暴飲暴食を防ぐことができます。早食いする方ほどカロリー過多になりやすく、ひとたび太ってしまうと簡単には元に戻せません。よく噛むことで唾液の分泌が多くなり、胃腸の仕事量を減らすことができます。玄米だけだと抵抗あるという方は、白米と混ぜるなど工夫するとよいです。